IR

投資家情報

インベスターズクラウドの
ご紹介

当社のあゆみ

当社は、「ネット」×「リアル」で新しいサービスをという経営理念を掲げ、自社開発したアパート経営プラットフォーム「TATERU」の運営を通じて、土地情報の提供から、デザインアパートの企画、施工、賃貸管理まで、ワンストップサービスの提供を行っております。
また平成 28 年 12 月末時点において、当社が施工したアパートの累計数は1,700 件を突破し、継続して順調に棟数を伸ばしています。

※ H18/12 期からH21/12 期については、有限責任 あずさ監査法人の監査を受けておりません。

創業期 2006-2007

インターネットで不動産業界を変えたい。そんな想いを抱いて 2006 年に立ち上げたのが、インベスターズクラウドです。当社は、創業当時から SEO 対策に力を入れたウェブサイトによる集客を行い、ITによってアパートを効率よく売ることができる独自の仕組みをつくりあげてきました。そして、「世界中にカッコいい空間を」生み出すことをテーマに掲げ、1 棟として同じものがないデザイナーズ物件を提供する、従来の不動産業界にはない新しい発想をもって歩んできました。おかげさまで 2006 年、2007年とオーナー様は増えていき、売上も徐々に増えていったのです。

変革期 2008-2010

2008 年 9 月 15 日、リーマン・ブラザーズが経営破綻します。そのリーマン・ショックの波は当社にも押し寄せ、多額の借り入れがある一方で需要は落ち込んでいきました。しかし、私たちは決してあきらめることはありませんでした。まずは、在庫こそ資産であると考えられていた不動産業界のシステムを根本から見直し、業者仕入れルートからオーナー様が直接土地を購入して、オーナー様の負担を軽減させる 1 次流通のスタイルへと変えていきます。そして、土地マッチングによるアパート建築を請け負い、アパート経営がオンライン上でできる「アパート経営プラットフォーム」を構築しました。社内も業務の効率化を図り、社内全体を IT で管理できるシステムを構築していきます。
そうして、約 3 年の月日をかけて在庫なしモデルを実現しました。当社は、リーマン・ショックという最大の危機を転機へと変えていったのです。

成長期 2011-2016

2011 年になると、実質無借金経営を実現します。従来の不動産業にならって在庫を抱えていた当社の姿は、もうここにはありませんでした。2015 年 12 月には、東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場。さらに翌年の2016 年 12 月には東京証券取引所市場第一部へ上場市場を変更いたしました。当社はインターネット企業としてさらなる成長へ向けて 2016 年に前年の 3 倍となる ITエンジニアの増員を行い、IT体制の強化を図っております。
近年、IT の力で従来の不動産業界の仕組みを根底から変える”リアルエステートテック”と呼ばれる不動産テクノロジーが注目を集めていますが、当社では、不動産業界の業務フローの改善とともに顧客が便利になるサービスを提供し、また、企業側の高収益体質に貢献するため、リアルエステートテックを推進し、不動産業界におけるあらゆる問題点を IT をもって解決できる新たなサービスを生み出していきたいと考えています。
これからも IT を駆使したサービスの開発を加速し、次世代の「リアルエステートテック」を代表する企業を目指してまいります。

東京本社

TATERU TECH LAB(南青山支店)

オフィス写真
事業内容